資産運用

NISAがわからないので知りたい。NISA導入のメリット。

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 50代  / 会社員
配偶者: いない、子ども: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

NISAがいまいちピンとこないので、特徴を教えてください。

ニーサなどの資産運用を老後のために考えています。 各種銀行で話を聞いたのですが、いまいちピンときません。

①ニーサでの資産運用の場合、最低金額はどのくらいから可能なのか?

②何年しばりなどがあるのかどうか?

③ニーサのリスクにはどのようなものがあるのか?

④ニーサをやる上での利点はどのようなものなのか?

⑤実際にニーサを活用している人はどのように活用しているのか?

それぞれを詳しく解説して教えて頂けたら助かります。 さらに、いくらくらいの金額でやるのがお得なのかも知りたいです。 宜しくお願い致します。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

老後資金のためのNISAなら一般NISAではなく、つみたてNISAだと思います。特徴を列記します。

NISAには一般のNISAとつみたてNISAの2種類あるのですが、老後資金のためにということですので、おそらくつみたてNISAの方だと思います。

一般NISAとは株式や投資信託の売買益が年間最高120万円まで、最大5年まで非課税になる制度です。

ですが、株式投資や投資信託の一括購入で老後資金を形成するというのは、あまり現実的ではありません。非課税期間が5年しかないためです。

また、そもそも一括購入そのものが極めてリスクが高く、老後資金のためであれば、投資信託の積立が最適です。

一般NISAでも投資信託の積み立ては可能ですが、一般NISAで投資信託の積み立てをするくらいなら、積立額が多額の場合を除き、つみたてNISAの方が非課税期間が長くてお得です。以下、つみたてNISAのことだとしてご回答致します。つみたてNISAの詳細は以下をご参照ください。

つみたてNISAの詳細

①証券会社にもよりますが、ネット証券の中には最低月100円から積み立て可能な会社もあります。

②非課税期間は最大20年ですが、いつでも換金できますので、「しばり」はありません。

③長期の投資信託の積み立てになりますので、高値掴みするリスクを抑えてリターンを狙うことができますが、投資である以上、元本割れのリスクはあります。

④年間40万円まで、最大20年間運用益が非課税になることです。毎月およそ33000円まで枠内で積み立てできることになります。

⑤人それぞれです。老後資金のためという方もいれば、単にとりあえず資産を殖やしたいという方もいます。

また、非課税の恩恵を最大限に受けるためであれば上記のように毎月33000円積み立てるのがお得ということになります。 よろしくご検討ください。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。