資産運用

投資を低リスクでコツコツと。貯金もわずか。いい方法ある?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 20代  / フリーランス

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

投資で可能な限り低リスクでコツコツと増やしていきたいです。何から始めればいいですか?

20代独身です。

近々結婚の予定があり、今後の生活スタイルの変化を踏まえて、資産運用をしていきたいと考えています。

現在フリーランスで働いていますが、結婚、引っ越し、妊娠、出産を考えると、今の収入は見込めず、また現在の貯金も僅かです。

資産運用については書籍やインターネットで調べてはいるのですが、初心者には難しく、何から始めれば良いのか分かりません。

可能な限りローリスクで、少額からコツコツと増やしていければと考えています。

アドバイスをお願い致します。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

つみたてNISAで投資信託を積み立てていきましょう。

つみたてNISAを活用した投資信託の積み立てをお勧めします。

つみたてNISAとは年間40万円まで、最大20年間運用益が非課税になるお得な制度です。

毎月およそ33000円まで枠内で積み立てることができます。

つみたてNISAの詳細はこちら。

投資信託とは「信じて託す」つまり投資家は何もせずに運用をプロに任せてしまおうという商品で、初心者にも向いています。投資信託はファンドとも言います。

一括購入するのではなく、積み立てで購入することによって、高値掴みするリスクを抑えながらリターンを狙うことができます。

投資信託の中でも保有コスト(運用成績に関わりなくかかるコスト)の圧倒的に安い、インデックスファンドという種類の投資信託をおすすめします。

インデックスファンドというのは、特定の指数に連動するファンドです(難しそうですね)

しかし、実はわかりやすいファンドです。例えば「日経平均」とか「日経平均株価」という言葉をニュースなどで耳にしたことはありませんか?

本日の日経平均株価は22000円でした、とかいっているアレです!

この「日経平均株価」が「指数」です。上記でインデックスファンドというのは指数に連動するファンドだと述べました。つまり、日経平均株価のインデックスファンドは日経平均株価が上がればファンドの価格も上がり、下がればファンドの価格も下がるというわけです。

指数にはNYダウやS&P500といってアメリカの株価指数もあり、それに連動したインデックスファンドもあります。統計的にこちらのインデックスファンドの方が高い運用実績を挙げています。

こういったインデックスファンドのどれに投資するか決めるだけが、少し勉強が必要です。といってもそれほど難しいことはありません。ネットの情報は玉石混交であまりあてになりません。本屋さんで「投資信託入門」といった雑誌を買ってきてください。30分もあれば読めてしまうでしょう。

また、口座振替で毎月投資されますので、いったんつみたてNISAを始めてしまえば、あとは投資家は何もする必要がありません。それこそ寝ながら殖やす、ということも可能になります。強制的に投資にお金が回るというのも精神的なメリットでしょう。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。