生命保険

何を保険で填補し、何をしないのか。適切に解約、切り替えしたい。

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性 / 30代  / 会社員
年収: 370万円
配偶者: いない、子ども: いない、両親/義父母: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

色々な保険に入っていますが、整理したいと思います。適切に解約とか切り替えとかしたいのですが。

社会人になり25歳の頃から2種類の保険に加入し利用をしています。

1つは終身生命保険+医療保険+がん保険で約3万円、もう1つは変額保険(終身)で約3万円、月々6万円を将来のために支払いをしています。

30歳になり月々の保険料をもう少し抑えたほうがいいかと思い保険の解約ないしは切り替えを検討していますが、どのような保険を選んだらよいでしょうか。

資産運用として、上記の保険とは別に株式投資と投資信託をしておりますが、今後のライフプランを安心して設計するためにはどのようなことを注視したらよいかお教えいただけますと幸いです。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

変額終身保険をまず何とかしましょう。

独身でいらっしゃり、基本的に死亡保障は必要ありませんので、まずは変額終身保険を解約し、浮いた保険料を資産運用に回されてはいかがでしょうか。

今は変額終身保険よりもすぐれた投資法がたくさんありますので、あえて変額終身保険で運用する必要はないと考えます。ただし、変額ですので、解約する場合、運用実績によっては大きく損をする可能性もあります。

詳しくは保険会社や代理店に確認されてください。保険会社へ問い合わせした場合、電話でのやりとりが基本となり、それよりも複雑な話になると営業職員を訪問させますという流れになりますが、それよりは最初からその保険会社の商品を扱っている代理店にまず話してみる方が気軽かもしれません。損をするようであればしばらく待った方がいいでしょう。

上記のように独身でいらっしゃいますので、基本的に死亡保障は必要ありません。すでに終身保険にご加入であれば、それも必要ありません。こちらも解約するか、解約すると損をする場合には払い済み保険にして保険料の払い込みをストップさせたほうがいいでしょう。払い済み保険とは終身保険の解約返戻金(保険を解約した時に戻ってくるお金)で新しく保障の小さな終身保険に入りなおすことです。保険料の支払いはストップします。

医療保険とがん保険で十分です。ただし、終身型の医療保険やがん保険になっているか確認し、なっていなければ終身型に見直しましょう。保険料は掛け捨ての終身払いで構いません。それ以上の保険は必要ないでしょう。

あえて加入するなら就業不能保険でしょうか。これは病気やけがで働けなくなった場合に医療費とは別に毎月一定額が支給される保険です。家賃の支払いなどに充てることができます。

ただし、会社員には傷病手当金といって働けなくなった場合に最大1年半、給料の2/3を受け取れる保障がありますので、あまり必要ないと考えます。

以上のことをして死亡保障を無くし、浮いた保険料をつみたてNISAなどを活用して投資信託の積み立てに回しましょう。

すでに積み立てで投資信託をしていらっしゃるようでしたら、増額すればいいです。投資信託の一括購入はやめましょう。高値掴みするリスクがあります。積み立てで購入コストを平均化してこそ投資信託のメリットがあります。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】


相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。