資産運用

株や投資信託より、家計を節約して貯蓄した方が正解では?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 20代 /  会社員
貯蓄額: 50万円、毎月の支出: 10万円
配偶者: いない、子ども: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

投資ではなく家計を節約して貯蓄するほうがいいのでは?普通預金の方がいつでも使えますし。

近頃はただ銀行にお金を預けるだけではなく投資信託や株などで増やすことがトレンドになってきているが本当にそれが正しいかが知りたい。

増えることはないが地道に貯金することが一番だと思ってしまう。

雑誌やテレビなどでここ最近紹介されることが多くなったし、周りの友達も気になっているという。

しかしリスクもあり、またそこに費やすお金の余裕もない。数年後何かあったときにすぐに使えるようなお金を貯めるというのであれば普通貯金でもよいのではないですか?

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

元本保証ならネット定期預金、少しはリスクを取っていいならソーシャルレンディングはいかがでしょうか。

本来であればつみたてNISAなどトレンドになっている有利な投資商品をおすすめしたいところです。

しかし、ご相談者さまはそういったリスクをあまり取りたくないとお考えのようですので、そのご意向に沿った話を進めさせていただきます。

まず、元本保証のある商品で考えた場合、普通預金ではなく、ネット銀行の定期預金に預けることをおすすめします。なぜネット銀行かというと普通の銀行よりも金利が高いからです。年間およそ0.1%程度です。何かあった時でも解約してすぐに使うことができます。

もし元本保証ではなくてもいいからもう少し高い金利で運用したいとのことであれば、ソーシャルレンディングはいかがでしょうか。

ソーシャルレンディングに関する記事はこちらにも。

これは最近できた商品で一言で言うと投資ではなく融資です。

資金を調達したがっている会社に資金を貸して、かわりに金利を受け取るシステムです。1口1万円から出資でき、期間も2年くらいです。金利は年8%くらいと非常に高いです。

投資家と会社の間には仲介業者が入って、資金を調達したがっている会社がきちんとお金を返してくれるかどうか財務状況を調べたり、担保をとったり、すべて仲介業者がやってくれます。投資家がすることは案件をえらんで出資するだけです。

リスクは貸し倒れになって資金が戻ってこなくなる可能性がゼロではないということです。

案件を分散して投資すれば、リスクはさらに低くなります。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

 

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。