生命保険

女性向け保険の選び方。保険料は安く、保障は充実の最適プランは。

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 30代  / パート・アルバイト
子ども: 1人(1歳)

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

母子家庭向けに保険料は安く、保障は充実した保険の選び方はありますか。女性特有の保障もほしいです。

母子家庭向けに掛け捨てでもいいので、保険料が安く保障が充実した内容の医療と生命保険ありませんか? 内容的には医療ですと、女性特有の病気、ガン、入院費、手術費など。生命保険は200万円から500万円くらいであればいいなと思います。

保険料は1万円から1万5千円くらいでしたら無理なくお支払いできる金額です。正直それ以上になってしまうと家計的に辛くなってしまうので。後は子供の(0歳児)保険は何か入ってた方が良いのでしょうか。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

複数の保険を組み合わせて理想のプランを自作しましょう。

医療保険ですと、女性特有の病気に手厚い女性向け終身型医療保険がよいでしょう。A社の保険ですと、がんを含めて女性特有の病気で入院した場合には、入院給付金が2倍になる商品があります。

例えば入院日額5000円で契約しますと、給付金日額が10000円になります。さらにがん、心疾患、脳血管疾患の三大疾病の場合は入院給付日数が無制限になります。例えば給付限度日数60日で契約していても、これが無制限になります。もちろん手術給付金も付いています。

先進医療特約も付加した場合で、例として30歳女性、入院日額5000円、支払い限度日数60日の場合の保険料は月額2356円です。がんによる入院はこれでカバーできますが、がんによる通院をカバーするには別途単体の終身型がん保険へご加入になったほうがよいでしょう。

がん通院に特化したB社の保険の場合、がんと診断されたら一時金100万円が、がん通院治療には毎月10万円の通院保険金が支払われるプランで、30歳女性の場合で保険料は月額2701円です。

生命保険に関しては、掛け捨てで、更新のたびに保険料が上がるタイプでよろしければ、保険料は非常に安く済みます。A社の場合、これも30歳女性の場合、保険金額500万円、保険期間10年で、毎月わずか586円です。

保険料が10000円から15000円くらいまでは無理なく支払えるとのことですので、あと10000円くらいは支払えるとすると掛け捨てでない貯蓄型の終身保険も選択できます。この場合、A社の終身保険の場合、保険金額500万円、60歳払い済みの場合で保険料は毎月10430円です。

お子様の保険としては一般的には学資保険ですが、学資保険に入ると生命保険を掛け捨てのものを選択したとしても、保険料が毎月15000円を超えてしまう可能性が高いので、学資保険には入らずに児童手当を貯蓄するなどして、まかなったほうがよいでしょう。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。