生命保険

保険の営業はブラックなのか?20代高収入独身男性の保険加入。

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性 / 20代/ 会社員
年収: 950万円、貯蓄額: 400万円、毎月の支出: 15万円
配偶者: いない、子ども: いない、両親/義父母: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

保険の営業マンのセールストークが信用できない。独身で高収入だが、保険加入する必要ありますか?

20代後半、独身男性なのですが、生命保険等の加入について迷っています。

年に数百万の貯金はできる生活スタイルで、非喫煙者、それほどお酒も飲まず、今まで病気という病気には罹ったことがありません。

歳を取ればどんどん保険料は上がっていくだとか、元本プラスアルファで返ってくるだとかが営業マンの営業トークだと思うのですが全く信用できません。

独身である限り基本的に加入の必要はないと今まで思っていたのですが、何の利害関係もない専門家の立場からご意見いただければと思い投稿させて頂きました。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

基本的に保険加入の必要はありません。

独身で貯蓄もある程度おありなので、基本的には死亡保険の加入は必要ありません。

貯蓄が少ない場合には医療保険に加入しておいた方がいいのですが、400万円あれば、必要ないでしょう。

会社員には病気やケガで働けなくなった場合に、給料の2/3が最大1年6ヵ月支給される傷病手当金がありますし、また、入院して高額の医療費がかかったとしても、一定の自己負担分ですむ高額療養費の給付という公的制度もあります。

年収950万円ですと、自己負担分は毎月17万1820円です。

最近は入院期間も短期化してきていますので、ご相談者さまの場合、医療保険も必要ないと言えるでしょう。

ただ、条件付きで支払った保険料以上の解約返戻金がもらえる、よく学資保険の代わりに用いられる低解約返戻金型終身保険という保険はあります。

例えば一例としてオリックス生命の低解約返戻金型終身保険です。

ちなみに解約返戻金とは保険を解約したときに戻ってくるお金のことです。

これは保険料払い込み期間中は解約返戻金を少なくすることで保険料を抑えた終身保険です。終身保険とは一生保障が続く保険のことです。

この「保険料払い込み期間中は」というところがポイントで、保険料払い込み期間が過ぎると解約返戻金は急上昇し、あとはどんどん貯まっていきます。

なので、この「保険料払い込み期間」を例えば10年など、できる限り短くすればいいのです。

そうすれば、例えば加入後10年以上経てば解約返戻金は急上昇し、あと数年すれば払い込んだ保険料総額(分かりやすく言えば元本)を解約返戻金が上回り、あとはずっと解約返戻金が貯まっていく、つまりどんどん貯金ができることになります。

もちろん保険ですから、例えば保険金額300万円で契約したら死亡保障は一生続くことになります。この保険に若いうちから貯蓄替わりに加入しておくというのも一考かも知れません。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】


相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。