生命保険

保険の営業はブラックか。死亡、医療、がんのパッケージ必要?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 20代  / 主婦・主夫
年収: 450万円、貯蓄額: 100万円、毎月の支出: 20万円
配偶者: いる、子ども: 1人(2歳)

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

保険の営業で、死亡、医療、がんがパッケージになった商品を勧められています。必要でしょうか?

はじめまして。

現在、3人家族の私たちは、主人の会社で安く加入できる医療保険、掛け捨ての生命保険(主人1000万、妻500万ほど)、ガン保険、子どもの学資保険に加入しています。

最近保険の勧誘を受けることがあって、この保険加入状況だと不足している、と、生命保険や医療保険、ガン保険が組み合わされた月1万円支払の保険を勧められています。

子どももいるし、しっかりした?保険に入った方が良いのかなと思う反面、保険は最低限で良いとも思っていたので迷っています。 保障は大きいが高額な保険に入るべきか、現状のままプラスで掛け捨ての生命保険に入りもしもに備えるか迷っています。アドバイスをお願いします。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

死亡保障がかなり不足していますが、パッケージ商品は不要です。

ご主人の会社で団体生命保険に加入できるのは大きなメリットです。ぜひもっと活用したいところです。と申しますのも、一番大事な死亡保障が不足しているからです。他の医療、がん、学資はそのままでよいと思います。

では、ご主人に万一の際、ご相談者様の収入はどうなるでしょうか。まず、1000万円の保険金がおりますが、うち300万円は葬儀代になります。したがって実質的には保険金額は700万円です。

まず、ご相談者様の受け取れる公的年金から見てみましょう。今、ご主人に万が一があった場合、お子様が18歳になられるまでは遺族基礎年金が年額約100万円、遺族厚生年金が約40万円(ご主人の収入によって異なりますので目安です)受け取れます。年額140万円、月額換算して11万6000円です。もちろんこれだけでは生活できませんね。

仮にご相談者様が25歳であるとします。するとお子様が18歳になられるまでの16年間はこの金額が受け取れますので、残りを生命保険でまかなうことになります。ご相談者様がパートに出られれば月額10万円、計21万6000円となり、なんとか生活できると思いますが、2人だとぎりぎりの生活です。25万円はほしいところです。

すると月額25万円ほしいとすると不足分は3万4000円です。これを16年間保険金でまかなうとすると34000×12×16=673万円です。保険金が700万円残っていますから不足分は相殺されてほぼゼロになります。つまりご相談者様がパート収入を月額10万円稼げれば公的年金と生命保険金を合わせて、なんとか月額25万円の生活を維持できることになります。

しかしここで遺族基礎年金は打ち切られ、中高齢寡婦加算に変わります。中高齢寡婦加算は年額58万4500円です。つまり、公的年金による収入は遺族厚生年金とあわせても年額98万4500円、月額換算82000円に大きく減少します。パート収入と合わせても月額18万2000円です。これがご相談者様が65歳になられるまで続きます。お子様が自立されておひとりになれば、もう月額18万2000円でも、生活できなくはないかもしれませんが、月額20万円ほしいとすると

(200000円-182000円)×12×(65歳ー41歳)=518万4000円の不足です。

ご相談者様が65歳になられますと中高齢寡婦加算は打ち切られ、老齢基礎年金の支給が開始されます。年額77万9300円ですので、遺族厚生年金と合わせて年額約118万円、月額換算約98000円と少しは増えますがやはりおひとりでも生活できません。もうパートも年齢的に難しいと思います。85歳で亡くなられるとしますと

(200000円ー98000円)×12×(85歳ー65歳)=2448万円の不足です。

このように、ご相談者様が65歳までパートを続けられた場合でも、お子様が18歳になられるまでは月額25万円、それ以降は月額20万円ほしいとなると、保険金を1000万円かけていたとしても約3000万円不足します。

もちろんこれは目安で、パート収入をもっと増やしたり、支出を減らしたり、お子様が大学生の間はアルバイトをされて家計を助けたり、といった努力によって不足額は減らせると思いますが、保険金額1000万円では全く不足していることがわかります。最低限ご主人の会社の団体保険で保障をあと2000万円増額しましょう。

保険の営業の方の勧めるパッケージ商品は不要です。現状の保険+掛け捨ての死亡保障で備えましょう。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。