生命保険

ライフステージごとに加入すべき保険の分類。保険に加入すべき?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性/20代/会社員
配偶者: いない 子ども: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

独身で、保険に入ったほうがいいとは思うがどんな保険がいい?ライフステージごとに教えてほしい。

現在、27歳独身、会社の寮で生活をしており、生命保険には加入しておりません。

保険は加入したほうが良いと思うのですが、どのような保険に加入すべきか悩んでおります。

理由としては、生涯払い続ける保険料と補償で受け取れる金額を比較した場合、圧倒的に前者の方が多いためです。

今のところ、銀行口座に保険専用の口座として毎月1万円ずつ貯蓄しています。今後、保険に加入する場合、どのようなタイプの保険が良いか教えていただけませんでしょうか。

できれば、独身時代、結婚時、子どもができた時、老後などというように各状況に応じた保険の最適な加入タイプを教えていただければ嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

色々ありますが、どのライフステージでも必要なのはがん保険です。

独身時代には基本的に死亡保障は必要ありません。貯蓄が300万円程度あれば医療保険も不要です。理由はおっしゃる通り、医療保険は将来受け取れる保険金と支払う保険料総額で見た場合、圧倒的に後者が多く、不利な保険だからです。

最も一般的な終身型医療保険は日額5000円、1入院あたり最大60日までの保障となっています。つまり、60日目一杯入院したとしても受け取れる保険金は30万円に過ぎません。

この保障内容で27歳男性の場合、A社の保険料は約1500円です。80歳まで生きるとすると保険料総額は

1500×12×(80-27)=約100万円です。

60日目一杯の入院を3回しても、まだ元が取れません。

しかし、もし貯蓄がほとんどない場合や、入院した時に貯蓄を取り崩していくのが精神的に不安だということであれば、終身型医療保険に保険料が上がらない終身払いで加入しておき、貯蓄ができてきたら解約しましょう。

独身の時まず入っておくべき保険はがん保険です。がんは日本人の死因第一位。生涯のうちに二人に一人はがんになると言われています。がん治療には一般の入院よりもはるかに高額な治療費と治療期間がかかります。治療費は公的医療制度をフル活用しても年間約100万円、それが数年間に及ぶことも多いです。

A社の場合、仮にがんになって3年治療をした場合受け取れる保険金は300万円です。これは実際にかかる治療費とほぼ同じです。これに対して保険料は27歳男性の場合、月2700円です。80歳まで生きるとすると保険料総額は

2700円×12×(80-27)=約170万円です。

がん保険は払った保険料以上の保険金がもらえる可能性がある、有利な保険であると言えるでしょう。がん保険は生涯にわたって必要になる保険ですので、健康で若いうちに終身がん保険に入るのが保険料も安く、ベストです。

入院日数が無制限になるものや、がんと診断されたら一時金がもらえるタイプがありますが、一時金がもらえるタイプをおすすめします。一時金でしたら入院、通院、その他雑費なんでも自由に使えるからです。

結婚時は共働きかどうかが重要です。共働きの場合、基本的に死亡保障は必要ありません。奥様が専業主婦ですと、それなりの死亡保障は必要になってきます。ただし、もしもの時は奥様は遺族厚生年金を受給できますので、それほど大きな死亡保障は必要ないでしょう。また、奥様もご主人に万一の場合は、働かれると思いますので。

最も大きな死亡保障が必要になるのは子供が産まれた時です。収入保障保険などへの加入が必須になってきます。また、できれば学資保険も検討したいところです。

老後は前もって個人年金保険に加入することで備えられます。しかし老後資金については個人年金保険よりもiDeCoやつみたてNISAといった投資商品で準備されることをお勧めします。その方が圧倒的に有利です。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。