生命保険

本当に必要な生保の種類とは。「重度介護一時金特約」って必要?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 30代  / 自営業

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

30歳独身で本当に生保の死亡保障が必要でしょうか?

最近、保険の見直しをしました。

元々、医療保険しか付けてなかったのですが、死亡保険も付けることに。

今、30歳で独身です。今後、結婚も考えているので保証内容も変わってくるかと思いますが、この歳で独身でも死亡保険はそもそも必要なのでしょうか?

葬式代くらい出るようにしておいたが良いと言われたのですが…。 付けるとしてもこの保障内容が自分に本当に必要なものなのかもよくわかりません。

「5疾病、重度介護一時金特約」が付いてるのですが、「重度の介護ってなかなかないよ?」と他社の保険のレディーさんに言われ、「その説明受けた気がするけどどういう内容だったか忘れてるなぁ」と不安になりました。年収とか病歴でも変わってくると思うんですが…自分に合う見つけ方とかありますか?

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

基本的に死亡保障は必要ありません。

基本的に死亡保障は必要ありませんが、葬式代だけでもということであれば、終身保険に300万円ほど入っておけば十分でしょう。

「5疾病、重度介護一時金特約」というものは基本的に付けること自体おすすめしません。もし介護がご心配でしたら、単体の介護保険にご加入になることをおすすめします。介護保険でしたら商品にもよりますが、最も軽い要介護1の状態でも毎月年金形式で保険金が生涯受け取れ、保険料の払い込みも免除になる商品があります。

また、医療保険ですが、貯蓄で賄うことができれば基本的に不要です。目安として貯蓄が300万円以上あれば不要と言われています。

医療費がどんなに高額になっても毎月例えば8万円(収入によって異なります)の自己負担ですむ高額療養費の給付という公的制度がありますし、最も一般的な日額5000円、最長60日まで支払われる終身医療保険の場合、例えば30歳女性の場合で80歳まで生きると仮定した場合、保険料総額は約100万円。保険金は最長の60日入院したとしても30万円。

一生のうちに60日間入院することが3回あったとしても、まだ元が取れません。基本的に終身医療保険は不利な商品であることを理解してください。ただし、貯蓄がほとんどなくて長期入院などすると家計が破綻してしまうといった状況であれば、加入の価値はあります。その場合でも将来300万円以上の貯蓄ができれば、解約も検討してみてください。

また、自営業でいらっしゃいますので、働けなくなったときに収入が途絶えてしまわないように就業不能保険には加入されていたほうがいいでしょう。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。