生命保険

入院にいくらかかるか。医療保険はどれくらいの金額が適切?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性 / 30代 / 会社員
配偶者: いる、子ども: 1人(2歳)

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

入院にいくらお金がかかるか調べたのですが、医療保険は日額3000円くらいで十分ではないですか?

保険の加入を検討していますが、入院保障があると思います。

1日あたり8000円とか1万円とか様々ですが、これらの保障はどれくらいの金額がベストでしょうか?

色々と調べたのですが、長期の入院となった場合、高額医療制度が使用できるので、例えば1ヵ月まるまる入院したとしても、差額のベッド代などの保険適用外のものがなければ、10万円くらいで抑えることができるとのことなので、日当たり3千円もあれば事足りることとなります。そこまで手厚い保障は必要でしょうか?

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

貯蓄があれば医療保険そのものが必要ありませんが、がん保険には必ず加入しましょう。

医療保険に関しては、ご相談者様がどのくらいの貯蓄をお持ちなのかによって考え方が異なります。一般に300万円以上の貯蓄があれば医療保険は不要と言われています。

その理由の一つはご相談者様がご指摘のとおり、どんなに医療費がかかっても毎月最大10万円(収入によって異なります)の自己負担額ですむ、高額療養費の給付という公的制度があることです。

もう一つの理由は会社員の場合は最大1年半、給料の2/3が支給される傷病手当金制度があることです。

ただし、差額ベッド代がかからなかったとしても、食事代やテレビのレンタル料、その他パジャマなどの入院時の雑費は高額療養費の対象外ですので、差額ベッド代さえかからなければ自己負担は増えないというのは誤りです。他にもお見舞いに来られるご家族の交通費なども自己負担になります。

一般的な終身型医療保険は入院日額が5000円か10000円か選択できますが、もしご相談者様の貯蓄が300万円以下で、医療保険に加入するとしても、日額5000円で十分です。ただし、初めから個室を利用したい希望がある場合には日額10000円必要です。

貯蓄が300万円以下、または医療保険に入っていなければ不安だということであれば、加入すべきですが、上記のようにそれ以上の貯蓄があれば医療保険は不要です。理由は医療保険は受け取れる保険金よりも支払う保険料のほうが圧倒的に高い、不利な保険だからです。

A社の終身型医療保険は日額5000円、一入院あたり60日まで支払いが最も多いパターンです。つまり最大の60日間入院した場合で、保険金額は

5000円×60日=30万円です。

一方保険料は30歳男性の場合で、保険料は毎月約1500円になります。85歳まで生きるとすると保険料総額は

1500円×12×(85-30)=約100万円です。

つまり一生のうちに最大の60日間の入院を3回してもまだ元が取れないのです。医療保険がいかに不利な商品か分かると思います。貯蓄があれば入らないのが賢明です。

しかしがん保険は別です。必ず加入しておきましょう。がんの治療は入院から通院へとシフトしてきていますが、その治療は数年間におよび、1年間の医療費は高額療養費の給付制度をフル活用した場合でも100万円かかります。

つまり、仮にがんで3年通院治療しますと300万円かかります。毎年一時金で100万円もらえるタイプのがん保険で備えておけばこの費用はほぼカバーできますし、医療保険と違ってがん保険は一度がんにかかったら支払い保険料総額よりも受け取り保険金総額のほうが多くなる可能性が高い、有利な保険です。

医療保険に加入しない選択をした場合でも、がん保険には必ず加入しておきましょう。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】



相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。