生命保険

保険を切り替えたい。月数万円の保険料が高すぎる。本当に必要?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 30代  / 自営業

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

保険を切り替えたいが何か気を付けることは?毎月数万円の保険料を払っていてもう限界。

こんにちは。30代前半、共働きで子どもなしの女性です。

知り合いからの勧誘や、親のすすめなどもあり、数年前から複数の生命保険に加入しています。それぞれの保険に支払う金額だけで、月数万円が飛んでいきます。

見直しをした方がいいんじゃないか?と思うのですが、保険商品を見直す際に、注意すべきことや確認しておきたいことなどありますでしょうか?

回答頂けると幸せです。よろしくお願いします。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

高い保険料がかかる死亡保障から見直しましょう。

共働きでお子様がいらっしゃらなければ、基本的に死亡保障は必要ありません。

月数万円というのは高すぎます。高額な死亡保障にご加入されている可能性があります。もしそうであれば、まずそこから整理しましょう。特に高額な終身保険(保障が一生続く死亡保険)などに加入していると、保険料が高額になります。

ただし、もし終身保険ですと、保険料払い込み中に解約しますと、解約返戻金(保険を解約したときに戻ってくるお金)が少なくなり、損をする可能性がありますので、「払い済み保険」にされることをおすすめします。

これは、その時点で貯まっている解約返戻金を使って、別の保障の小さな終身保険を買うというものです。保険料の払い込みはストップしますし、買った終身保険にはこれまで同様に解約返戻金が貯まっていきますので、単に解約するよりは有利であることが多いです。

次に終身型の医療保険にもし加入されていれば、貯蓄で賄えないか見直してみましょう。医療保険は貯蓄がほとんどなくて、もし入院などすると家計が破綻してしまうといった場合にのみ推奨します。

終身医療保険は一入院60日まで、日額5000円というのが一番多いです。つまり60日目一杯入院した場合でも保険金額は30万円にすぎないのです。A社の場合30歳女性の場合で保険料は月約1700円です。

仮に80歳まで生きるとすると、保険料総額は

1700×12×50=約100万円です。

一生のうち60日目一杯の入院を3回してもまだ元が取れません。終身医療保険がいかに不利な商品か分かるでしょう。

それでも、貯蓄がほとんどなくて将来も貯蓄できる見込みがほとんどない、といった場合には加入する価値はあります。しかし、共働きで、月数万円の保険料をなんとか払っていけるくらいの収入がおありなら、貯蓄で十分まかなえると思います。したがって医療保険もあまり必要ではありません。

対して絶対に必要な保険ががん保険です。がんは入院もですが、特に通院治療が数年間の長期にわたることが多いです。治療費が高額になった場合、入院、通院ともにどんなに高額な医療費がかかったとしても自己負担が例えば月額8万円ですむ(収入によって異なります)高額療養費の給付という公的制度がありますが、それをフル活用してもがん治療には一年あたり約100万円の治療費がかかります。それが数年間に及ぶ場合があるのです。

がん保険にはがんと診断されたら例えば100万円のがん診断給付金がでるといった一時金で備えるタイプがあります。他にも入院日数が無制限のタイプなどありますが、個人的には一時金で備えるタイプをお勧めします。一時金タイプであれば、入院にも通院にもその他雑費にも自由に使えるからです。

一時金は最初の診断時の他に、一年経過後や二年経過後にまだがん治療を続けていればまたもらえます。このもらえる回数は無制限ですので、長期のがん治療にも備えられます。当然ながら一年経過後にまたもらえるタイプのほうがおすすめです。そして、ここが大事なのですが、給付条件が、一年経過後または二年経過後に「入院」していることが条件である商品と「通院」でもよい商品があります。これも当然ながら「通院」でもいい商品がいいに決まっています。

したがって、一時金に特化したタイプで、一年経過ごとに「通院でも」もらえるがん保険がベストということになります。保険料も安ければ言うことなしです。がんになったら保険料の支払いが今後一切免除されるという特約も多くの会社で選べます(初めから付いている商品もあります)個人的には付けたほうがいいと思います。他に先進医療特約も付けたほうがいいです。

このベストなタイプの保険で、一時金100万円で30歳女性の場合で、先進医療特約と保険料免除特約を付けた場合、A社の保険料は月約2660円です。

80歳まで生きたとすると保険料総額は

2660×12×50=約160万円です。

がんで3年治療を続けると300万円もらえますから、医療保険と違って非常にお得な保険であることが分かると思います。

あとは自営業であるとのことですので、もしご主人も自営業ということであれば、働けなくなった場合に保険金が、例えば毎月20万円、60歳までおりるというような就業不能保険にも加入されていたほうがいいでしょう。ご主人が会社員であれば必要ありません。この保険の保険料は30歳男性の場合で毎月約5000円くらいです。

こうしてみると必要な保険料は、合計1万円にも満たないことがわかります。

ずいぶん無駄な保険料を払っていらっしゃったことになります。あとは浮いた保険料を貯蓄なり投資なりに向けてください。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。