資産運用

老後の独身での資金をどうすればいいのか。どんな投資がいい?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 / 30代  / 会社員
配偶者: いない、子ども: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

老後資金が心配です。一生独身かもしれません。貯蓄を増やすには何から始めればいいですか?

30代、独身、年収400万、女性です。

恋人はいるものの、相手には結婚するつもりはない様で、最近になり一生シングルのままなのではないか、と不安を感じ始めました。

夫、子供など家族がいない事ももちろん寂しいのですが、老後の生活、特に金銭面で不安を感じております。

現在、定額預金、定期預金はしているものの、金利が低く、それほど貯蓄が増えた実感がわきません。

そこで、株式投資かnisaを始めたいとインターネットで調べ始めましたが、それぞれのメリットデメリットが理解できず、頭のなかでゴチャゴチャになり、それから行動に移せません。

貯蓄を増やすのに何から始めればいいのかアドバイスが欲しいです。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

iDeCoとつみたてNISAがいいでしょう。

まず、老後資金が心配であれば、iDeCoを検討したほうがいいでしょう。

iDeCoは優遇された自分年金とでもいうべきものです。

毎月投資信託を買い付けていくのですが、運用益は60歳になるまでの長期にわたって非課税となり、また掛け金も全額所得控除になって所得税、住民税が安くなり、節税できます。

iDeCoに関する詳しい説明は

iDeCoに関する詳しい説明はこちらにも!

をご参照ください。

毎月積み立てていくことで、いわゆる「高値掴み」のリスクを抑えてリターンを狙うことができます。

投資信託とは「信じて託す」つまり投資家は何もせずに運用をプロに任せてしまおうという商品です。初心者にも上級者にも向いています。

投資信託に関する詳しい説明は

つみたてNISAに関する記事はこちらにも!

をご参照ください。

老後資金対策としてはつみたてNISAよりも有利です。

ただ、デメリットは死亡、障害状態にならない限り原則60歳まで引き出せないことです。例えリストラされて無収入になったとしても引き出せませんので、その点だけご注意ください。

また、株式投資よりもつみたてNISAの方がおすすめです。

老後資金はiDeCoで問題ありませんが、つみたてNISAは老後資金に限らず、単に資産を殖やしたいという目的にも向いています。

年間40万円まで、最大20年間運用益が非課税になるお得な制度です。

月額およそ33000円まで枠内で積み立てることができます。

口座振替で自動的に投資に回りますので、いったんつみたてNISAを始めてしまえば、あとはそれこそ「寝ながら資産を殖やす」ことが可能です。毎日経済ニュースに目を光らせる必要もありません。

手間がかからないのもメリットの一つです。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。