資産運用

リスク取ってよい。アクティブ、アグレッシブな資産運用をしたい。

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性 / 30代 /  自営業
年収: 400万円、貯蓄額: 1,500万円、毎月の支出: 10万円
配偶者: いない、子ども: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

1000万円あり、リスク商品で構わないので、アクティブかつアグレッシブに増やせる商品が知りたいです。

余剰資金の資産運用についてお伺いしたいと思います。

現在、自由に使える資金が1000万円あり運用したいと考えています。

リスクの高低でいくつかに分散して投資を行いたいのですが おすすめの運用方法をいくつか教えていただければと思います。

また有効な資金の分散比率に関してもアドバイス頂ければと思います。

現在ある程度の時間は使えるので、 特に効率よくアクティブに運用できるものをお聞きできればと思います。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

新商品CFDはいかがでしょうか。

まず、リスクの少ない投資法で、1000万円というまとまった資金を生かせる投資方法は、保険商品にはなりますが、一時払い終身保険になります。

これは保険料を最初に一時払いする終身保険になりますが、貯蓄性が高く、払い込み期間から5年ほど過ぎると(保険会社によって大きく差があります)、解約返戻金が払い込んだ保険料を上回ってきます。

あとはずっと貯まっていきます。

ただ、この超低金利下、貯蓄率はあまり高くありません。

ある程度リスクをとってアクティブに運用したいなら、最近登場した商品ですが、CFDをおすすめします。

CFDに関する記事はこちらにも。

これは日経平均やNYダウなどの株価指数または金や原油などの商品に投資する金融商品ですが、金や原油は相場の予測が非常に難しいので、株価指数への投資をおすすめします。

資金は最低5万円以上入金しておけば十分でしょう。

最大の特長は「買い」だけでなく「売り」からも入れることです。例えば今後日経平均が下がると予想するならば日経平均を売ればいいのです。

また、レバレッジといって投入した資金以上の取引をすることもできます。たとえばレバレッジ1倍とはレバレッジを全くかけないことを意味します。レバレッジ2倍というのは例えば投入資金が100万円なら、投入資金200万円分の取引ができるということです。

投資対象が日経平均だったとすると、日経平均が10%値上がり(売りの場合は値下がり)すると通常100万円×10%で1万円の利益になるところ、200万円×10%で2万円の利益が出ます。

リターンが2倍になります。ただし、相場が予想と反対に動いた場合には損失も2倍になります。それだと意味がないように思われるかもしれませんが、CFDは株と同じく保有期限がなく、長期投資も可能です。したがって日経平均が短期的には上下を繰り返しながらも、長期的には上がっていく(売りの場合は下がっていく)と予測するなら、一時的に含み損が2倍になっても最終的に利益は2倍になると期待できます。

レバレッジは最大10倍くらいまでかけることができます。

もちろんレバレッジはかけないこともできます。

上記のように保有期限もありませんので、長期保有も可能です。

CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄

 

 

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。