生命保険

給与から貯蓄型保険に回す意味ある?元本保証はついているのか?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性 / 30代  / 会社員
配偶者: いる

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

元本保証のついている貯蓄型保険ってあるの?あるなら知りたい。

生命保険や医療保険についてです。

たくさんの種類の保険が世の中にありますが、貯蓄型の保険の仕組みがよく理解できません。

満期が来ると返金されるという話を保険会社の営業さんや銀行の窓口で聞くのですが、満期の時にどれくらいの運用実績があるのかはっきりとした話をいただけません。

もちろん100%の話でないことは理解しているのですが、おすすめをされるのであれば、見込だけでも聞いておきたいものです。

このような類の保険商品には「元本保証」がついているものがあるのでしょうか。リスクを取らされているだけの気がして心配です。営業の方々は手数料収入があるのでしょうが、私に何も返ってこないのであれば、購入する必要はないのではないかと思っています。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

貯蓄型保険には一定の条件を満たせば元本保証があります。

まず、どのような保険種類のことをおっしゃっているのか分かりませんが、貯蓄型の医療保険は現在ほとんどないので、生命保険の終身型保険のことをおっしゃっているのだと推測します。終身保険には「満期」はありませんが、保険料払い込み期間はありますので、それが終了するときを「満期」と表現されているのではないでしょうか。

結論から申し上げますと終身保険は貯蓄性があり、基本的に「保険料払い込み期間中に解約しなければ」元本保証のある商品です。

終身保険は一生保障の続く保険であり、保険料を10年間、とか60歳まで、とか自由に設定して払い込んでいく商品です。保険料払い込み期間中に解約しますと、解約返戻金(保険を解約した時に戻ってくるお金)が払い込んだ保険料を下回ってしまい、損をしてしまいます。

しかし保険料払い込み期間を満了するとしばらくして解約返戻金が急激に増加し、払い込んだ保険料を上回ってきます。つまり保険料払い込み期間満了後しばらくして解約すると元本以上になって返ってきますので、元本保証があると言えます。解約しないでそのままにしておきますと解約返戻金はどんどん増えていきます。つまり下図のようなイメージになります。

ライズ試算契約者35歳女性として試算

 

これは保険料払い込み期間10年と非常に貯蓄率を高くしたパターンです(しかしそのぶん保険料は高くなります)保険料払い込み期間満了直後の返戻率は97.4%ですが、しばらくするとこれが100%を上回ってきます。

上図の場合ですと、300万円の保障が一生続きますし、例えば保険料払い込み期間を過ぎてもしばらく解約せずにおけるなら、超低金利の銀行預金よりは貯蓄性は高いと思います。

ただし、返戻率は試算すれば分かるはずですので、販売側にきちんと見積もりをだしてもらってください。また、返戻率は保険会社ごとに大きく異なりますので、返戻率のできるだけ高い保険会社を選んでください。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。