資産運用

株初心者におすすめの本は。貯蓄目的で個別株投資していい?

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

男性 / 40代  / 会社員 の方です。

ご相談内容は以下の通りです。

株未経験の初心者ですが、貯蓄目的で個別株投資してもいいですか。おすすめの本などありますか。

 

投資信託の購入をはじめて数年のものです。積み立てで月々定額を購入しています。最初は興味があったためですが、最近は数十年ごとのための貯蓄の目的で続けています。

現在、なれということもありますが、個別銘柄への興味がでてきています。とくに自分の働く業界の銘柄に興味がありますが、非常にボラティリティ(変動率)が高いことと、投資信託と違いほったらかしておくということができそうにない(気になってしまう)ため購入にいたっていません。

株初心者向けの本などありましたら教えてください。

目的が貯蓄の場合個別銘柄を購入するべきかどうか、ご相談させてください。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

貯蓄目的で個別株投資はしない方がいいです。投資信託で「慣れ」が出てきたのであればCFDがいいでしょう。

投資信託の積み立て購入をされているのは素晴らしいです。投資信託の積み立て購入は最も優れた投資方法の一つです。つみたてNISAなどを利用されているなら、なお良いです。

つみたてNISAの詳細はこちら。

投資信託の積み立て購入はすばらしい方法ですが、一度始めるとあとは何もすることがなく、放っておくだけです。なので、ある程度経済ニュースに触れたり、株価の上下などが分かってくる(相場観がついてくる)と、相場を読んで売買してみたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、初心者は個別株売買に手を出すべきではありません。それはおっしゃる通り値動きが非常に激しいこともありますが、株式投資をするには、投資したい会社の決算書を分析できなければなりません。これにはかなり勉強が必要です。おすすめの本があるとしたら「決算書の読み方」といった本になります。

しかも、例えば業績が非常に好調で、財務内容もよい会社であっても、買ったとたんに暴落することもよくあります。それは多くの場合、市場全体が下落したときです。日本の株式であれば日経平均株価が大きく下落した場合です。

このように個別株の値動きは、日本株であれば日経平均株価が大きく上昇した場合には極小数の銘柄を除いて上昇し、逆に日経平均株価が大きく下落した場合には極小数の銘柄を除いて下落します。であれば、初心者は個別株に投資するよりも、いっそのこと日経平均株価へ投資した方がいいのではないでしょうか。その方がボラティリティ(変動率)も小さいですし、倒産のリスクもほぼありません。

基本的に貯蓄目的であれば投資信託の積み立てが一番ですが、少額の余裕資金で売買もするなら、CFDという新商品が最も優れていると思います。CFDとは、日経平均株価や米国のNYダウといった株価指数(市場全体の値動きを表すもの)に投資する商品です。金や原油といった商品にも投資できますが、予測が非常に難しいので、上級者向けです。ですので、株価指数への投資をおすすめします。

5万円以上入金しておけば十分と、少額で始められます。CFDの最大の特長は「買い」だけでなく「売り」もできるということです。例えば日経平均株価が下がると思えば、日経平均株価を売ればいいのです。「買い」しかできない個別株(信用取引という少し難しい制度を使えば「売り」もできますが、多額のコストがかかります)にくらべて収益のチャンスが倍になります。

また、少し難しいですが、「レバレッジ」と言って投資した金額以上の取引をすることもできます。例えば100万円を日経平均に投資した場合、日経平均が10%値上がり(売りの場合は値下がり)すると、100万円×10%で10万円の利益です。もしレバレッジを2倍かけていれば100万円×2倍で200万円分の投資をしているのと同じことになるので、含み益は倍の20万円になります。ただし、相場が予想と逆に動くと含み損も2倍の20万円になります。

それではレバレッジというものは何の意味もないように思われるかも知れませんが、CFDは株と同様に保有期限がありませんので、長期投資も可能です。ですので、将来的に日経平均が上下を繰り返しながらも最終的には上昇する(売りの場合は下落する)と予想するとします。

するとレバレッジを2倍かけておけば、短期的には含み損がでることがあっても、予想通りに日経平均が動けば最終的には利益は2倍になります。もちろんレバレッジはかけないこともできますし、10倍くらいのハイレバレッジも可能です。しかし、高いレバレッジはハイリスクなのであまりおすすめしません。

貯蓄目的なら基本は投資信託の積み立てでおこない、売買を自分で試してみたいなら少額の余裕資金でCFDをやってみると面白いと思います。

CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。