生命保険

共働きの妻は保険に加入すべきかという問題。勧誘はされている。

こんにちは。生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして、毎日10件の相談を受け、活動中の「おかねくん」です。

今日のご相談者さまのプロフィールは

女性 /20代/ 会社員
年収: 750万円、貯蓄額: 300万円
配偶者: いる、子ども: いない、両親/義父母: いない

の方です。ご相談内容は以下の通りです。

共働きの妻は保険に入るべきかどうか悩んでいる。保険の営業の人は高額な商品を勧めるが?

はじめまして。 27歳の兼業主婦(正社員)です。 共働き夫婦(子ども無)の妻の生命保険について質問です。

結婚をきっかけに保険を考え始めました。 知人の紹介で外資系の生命保険会社の営業さんのお話を聞いています。 夫の方はもう契約済みですが、私の方はどのような保険に入るべきか、そもそも保険に入るべきなのかを悩んでいます。

営業マンには私の方も入ることを勧めますが、紹介されるプランは月々14000円位(多分貯蓄型?)のもので、掛け金も高く決断できません。今のまま働き続けられれば払えますが、もっと他に回したい予算があります。

子どもが出来てから入れば良いかとも考えましたが、営業マンにはいずれ入る気でいるなら早いほうが掛け金も安く済むから早くした方がいいと言われます。

このような状況であれば保険はどのような考え方で検討すれば良いでしょうか? 保険自体あまり詳しくないため、情報が不足していたら申し訳ありません。 宜しくお願いします。

以上のようなご相談でした。これに対するわたしの答えは以下です。

高額な商品は必要ありませんが、がん保険は必要です。

共働きでお子様がいらっしゃらなければ、基本的に死亡保険は必要ありません。その営業職員さんのお話は、保険の優先順位が間違っています。

ご相談者さまに現状一番必要なのが、終身型がん保険です。次に場合によっては必要な保険が医療保険になります。

まず、がん保険は老若男女問わず全ての人に最も重要な保険です。がんは日本人の死因第一位、生涯にがんにかかる人は2人に1人と言われています。そして、がんの治療は高額かつ長期にわたります。

医療費がどれだけ多くかかろうとも自己負担は毎月例えば8万円(収入によって変わります)で済む高額療養費の給付という公的制度があります。しかし、それをフル活用してもがん治療には年間約100万円かかるというデータがあります。しかもがん治療は数年間続けなければならないことが多いです。抗がん剤治療や放射線治療などですが、これも年間約100万円かかります。がん治療という命がけの戦いをせねばならないのに、お金の心配まで抱え込みたくないですよね。

A社の場合、30歳女性が終身型がん保険に入った場合、保険料総額は約160万円です。これはがんになったらそれ以降の保険料の払い込みが免除されるという特約を付けた場合で、付けなければもっと安くなりますが、がんになったときにお金の心配を抱え込まないために、わたしは付けたほうがいいと考えます。ほかに先進医療特約も付けています。

一方この保険の場合、がんと診断されたとき、および一年経過後まだがん治療を続けていた場合に100万円ずつもらえます。つまり例えば、がんで三年治療を続けた場合保険金は300万円もらえます。これは保険料総額160万円の2倍近い保険金です。がん保険は有利な保険であることが分かります。ぜひ、若いうちから入るべきです。

次に医療保険ですが、終身型医療保険は、詳細は省略しますが、がん保険と違って払った保険料総額にたいして保険金がそれを上回る(つまり元が取れる)ことがほとんどない不利な保険です。ある程度貯蓄があれば不要と言われています。

ご相談者さまの貯蓄額300万円というのは医療保険に入るべきかどうか判断が分かれる微妙な数字になります。ここはご相談者様のお考えにお任せしますが、入院したときに貯蓄を取り崩していくのが精神的に不安だということであれば加入すればいいと思います。将来貯蓄が増えてきたら解約を検討してもいいかもしれません。

以上のように死亡保障はお子様が生まれた後で検討してかまわないでしょう。

忙しいママ必見!お家で保険相談♪【保険見直しラボ】

相談経験豊富なFPが生命保険、投資お手伝いします 初心者様の生命保険加入・見直し相談や投資相談をお任せ下さい。

ABOUT ME
管理人相談経験豊富なFP
大学卒業後、大手損害保険会社で勤務。子会社の生命保険会社の商品も販売。キャリアアップのためファイナンシャルプランナー資格を取得。生命保険ライフコンサルタント資格、証券外務員二種資格取得。また会社で企業型確定拠出年金(401k)を推進していたため、投資信託(ファンド)の取り扱い経験も豊富。 生命保険、資産運用に強いファイナンシャルプランナーとして毎日10件の相談を受け、活動中。